アパートの建築費を借入れ時の注意点は?

アパート建築費を考えてみよう!

アパート建築費を考えてみよう!のmain画像

アパートの建築費について、借入時の注意点をご説明します。第一に金利、第二に融資額です。

アパートの建築費を借入れ時の注意点は?

とにもかくにもアパートの建築費は巨額です。

金利と融資額に注意することが第一なのは、どんな場合も同じ。

その点についてお話ししてみましょう。

■0.1%でも低い金利の機関で借りる。

アパートの建築費は、木造か鉄骨かで多少の違いはありますが、どちらも6戸建てから8戸建てで5,000万円以上の建築費がかかります。

※建築費の概算をより詳しく見たいなら…土地活用の窓口で確認

たとえば自己資金が2,000万円あっても3,000万円は借入れとなり、長期の借入返済がつづきます。

それを考えると貸出金利の0.1%の差は非常に大きな差になるので、少しでも低い金利の機関から借入れをすべきです。

借入先としては銀行、ノンバンク、消費者金融系などがあり、それぞれ金利に差があります。

■簡単融資ほど金利は高いと認識。

銀行からアパートの建築費を融資してもらう場合は、金利は低めです。

しかしノンバンク系や消費者金融系など銀行以外の機関から融資を受けると金利が高く、3.5%を超えるところも多くあります。

これらの機関はいずれも融資の原資となるお金を銀行から借入れしているため、それだけの金利が上乗せされています。

銀行にくらべて必要書類などの手続きやステップは簡素化されていますが、返済がすすむにつれて金利の高さに苦しむことになります。

■融資のための金利を各社それぞれ比較をし、金利の低いところと契約。

余分なお金は借りないことです。

アパートの建築に際しては必要最低限のお金を見積もり、建築費以外の余分なお金は借りないことです。

低金利であること、融資額は必要最低限とすることが絶対的なポイントと言って良いでしょう。

アパート建築費を考えてみよう! Copyright www.bjorkspain.net.All Rights Reserved.