キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 アパートの建築費の担保となる土地の評価額 : アパート建築費を考えてみよう!

アパートの建築費の担保となる土地の評価額

アパート建築費を考えてみよう!

アパート建築費を考えてみよう!のmain画像

アパートの建築費として借入れする際の土地の評価について。土地の評価の種類と特別な事例を紹介します。

アパートの建築費の担保となる土地の評価額

アパートの建築費であれ何であれ、土地を担保とした借入れには、鑑定士の評価が必要になります。

どのようなものが基準になるのかお話ししましょう。

■評価の評価基準には3~4種類ある。

土地の評価の基準となるのには、公示地価、路線価、実勢価格などがあります。

路線価とは沿線ごとに毎年評価が出されるもので、これによって固定資産税が決まります。

土地の評価=資産税を決定するために更新されるものです。

公示地価は、路線に関係なく、たとえば銀座4丁目の公示地価が毎年話題になるように、その年の地価の上昇傾向を首都圏各地ではかっていくものです。

これが実勢価格に反映されます。

■売買のベースになるのは実勢価格。

日常的に土地の売買でベースとなるのは実勢価格です。

実勢価格とは実際に取引されている土地の売買価格ということ。

ネットで検索すると、その地域の周辺の土地が坪当たりいくらで売り出されているかが分かると思います。

それを参考にすればほぼ間違いありません。

※実勢価格が知りたい方はこちら→地価公示・地価調査・取引価格情報 | 土地総合情報システム | 国土交通省

相場価格をみて、自分の土地の価格に見当を付けましょう。

アパートの建築費を借り入れするということですが、その際には融資機関の鑑定士が土地の評価を行い、鑑定評価額というものを決定します。

■アパートの建築費を借りる際の土地の評価は、実勢価格の他、地盤のあり方、地質によっても分かれます。

基本は鑑定評価によります。

軟弱地盤などで液状化しやすい地質など、特別な問題がなければ、評価額の80%程度をアパートの建築費として借り入れることができます。

抵当権の設定順位が第2位、第3位程度であることが前提になります。

アパート建築費を考えてみよう! Copyright www.bjorkspain.net.All Rights Reserved.