キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 6戸建てと8戸建てでは、建築費は相当違いますか? : アパート建築費を考えてみよう!

6戸建てと8戸建てでは、建築費は相当違いますか?

アパート建築費を考えてみよう!

アパート建築費を考えてみよう!のmain画像

遊休地でアパート経営を予定する。建築費用と建築戸数の違いの他、今後の経営についても説明します。

6戸建てと8戸建てでは、建築費は相当違いますか?

アパート経営を年金代わりの将来の安定収入に考えるサラリーマンが増えました。

建築費の違いも大事ですが、現実に左うちわのサラリーマン大家が可能なのかよく考えてみましょう。

■ユニット式で標準化していたら個性は出せない。

あくまでもアパートの建築費としての相場ですが、6戸建てのアパートなら4,000万円、8戸建てなら5,000万円という建築費の見積もりがあります。

ネットで検索してみた平均値です。

アパートはユニット工法なので、1戸あたりの面積が決まっていて、仕様・設備も決まっています。

これを崩して個性化しようとすると、ユニット工法の適用外になるのでアパートの建築費としては予算を組み直す必要が出てきます。

■単純計算では1戸当たりの建築費500万円。

6戸建てと8戸建てで建築費にして1,000万円の違いがありますので、単純計算では1戸分が500万円ということになります。

ただし現代ではこのような標準化したアパートでは高い収益性を求めたり、人気物件としての地位を維持したりするのが難しく、多少建築費を上乗せしてでも“どうやって付加価値をつけるか”に悩みの種があります。

とくにセキュリティ、防音・騒音対策は必須ですが、費用がかさむためオーナーとしては深刻な課題となっています。

■アパートの建築費を節約して経営を成功させたいと思っているなら、たとえ遊休地があっても経営に乗り出すものではないと考えます。

たとえばアパート経営は「女性の人気を獲得しろ」と言われます。

その要になるのがセキュリティや防音対策です。

単純に1戸当たりの建築費の増減で経営に踏み切れるかどうかではなく、付加価値にいくら余分なお金を投入できるかを考えましょう。

アパート建築費を考えてみよう! Copyright www.bjorkspain.net.All Rights Reserved.